働き甲斐がある!労働者のために活躍する社会労務士


社労士の仕事内容と働き方

社会保険労務士は、健康保険・雇用保険・厚生年金など国家が定めた社会保障制度に関する書面を作成し、担当行政機関に提出する業務を担います。また、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成も社労士の仕事であり、これら2つは全て社労士の独占業務とされていて、社労士の資格がない人は関わることを禁じられています。このほかに、社労士は人事労務管理のコンサルティングも手がけていますが、これは社労士の独占業務ではありません。こうした業務を行うため、社労士は主に社労士事務所や企業の人事総務部門などで働いています。法律事務所や行政書士事務所など他の士業の事務所で働いている社労士もいます。このような職場で経験を積んでスキルアップした社労士は、独立開業できるでしょう。

社労士の果たす役割とは?

社労士は、就業規則の作成や労務管理に関わり、労働環境を改善する役割を果たしています。就業規則は、労働者の働き方を規定する重要なルールで、各法令に沿った内容でなければなりません。社労士によるコンプライアンスのチェックが欠かせないのです。労働問題が生じれば、労働者の相談に乗り、紛争が起きないようアドバイスを与えることもできます。労務診断を行うことにより、企業の健全な運営を促すことも可能です。労働組合など労働者を守る組織が少ないことから、社労士の果たす役割は大きいと言えるでしょう。法律知識を駆使して、雇用関係で困っている人を救済し、労働問題を解決する社労士は、やりがいのある仕事なのです。

障害者年金手続きは提出する書類も多く、昨今は難しくなってきているようです。渋谷の社労士の選び方の一つの手段として、ネットで検索する方法があります。実績を掲載されている社労士もいて参考になります。